【松戸FⅡ・GKF】小林優香が初代女王! デビューから17連勝のおまけつき!!

2014年08月09日 19時50分

栗田貫一に祝福される小林優香

【松戸FⅡ・GKF】松戸競輪場で9日、開催された「ガールズケイリンフェスティバル」(FⅡ)は9Rで決勝を争った。

 

 レースは加瀬加奈子(34)と石井貴子(24)が打鐘からもがき合う流れを、小林優香(20)が豪快に2角からまくって優勝。デビューからの連勝を17に伸ばし、初代“夏女”に輝いた。

 

「思い描いていたレースの一つだった」と冷静な走りで勝利を手にした。だが「滝沢(正光)校長からは、先行で日本一にならないと日本一じゃない、と言われているので、1周半逃げ切れる脚を作りたい」とさらなる意欲を語った。

 YouTube Preview Image

 2着には石井寛子(28)が続き、3着は地元の田中まい(24)だった。小林は5月にデビューしたばかりのガールズ3期だが、優勝賞金230万円を得て、9月までの賞金獲得額で決まる「ガールズグランプリ」の出場が見えてきた。