【前橋競輪・ガールズケイリン】初日大敗の尾崎睦は反省しきり「全部が悪かった」

2021年04月07日 15時41分

5着大敗の尾崎は険しい表情

 前橋競輪S級シリーズが7日に開幕。7Rで行われたガールズ予選1では実力者の尾崎睦(35=神奈川)がまさかの5着大敗。レース後は険しい表情で敗因を分析していた。

「うーん…。全部が悪かったですね…」。太田りゆ(26=埼玉)のカマシに反応できなかったばかりか、第二先行の岩崎ゆみこ(25=茨城)をとらえることができず、終始外に浮く苦しい展開。まさかの大敗にさすがにショックを隠せなかった。「疲れのせいにはしたくない」と本人は否定するが、実質中1日の影響は少なからずありそうだ。

 レース後、師匠の渡辺秀明(49=神奈川)の元へ駆け寄り、10分ほど話し込んだ。「師匠からは『単独になった方がいいんじゃないか』とアドバイスをもらいました。今日はずっと併走になってしまったので。前回の小倉でも同じ失敗をしたし、反省を生かせなかった自分が悪い。明日はもう少し考えて、できることをやりたい。まずは決勝に乗れるように頑張ります」。控えめなコメントに終始したが、内心は巻き返しに燃えているはず。2日目の奮起の走りに期待しよう。

【関連記事】

関連タグ: