松戸競輪「サマーナイトフェスティバル」をPR

2014年08月05日 14時18分

地元ビッグレースに燃える篠崎(左)と地元選手を応援する堀えりか

【松戸GⅡ・SNF】松戸競輪場で8、9日の2日間行われる「第10回サマーナイトフェスティバル」(GⅡ)と「ガールズケイリンフェスティバル」(FⅡ)のPRのため、関係者と地元出場で期待がかかる篠崎新純選手と、キャンペーンガールの堀えりかチャンが4日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 松戸市経済振興部の公営競技事務所鈴木克己参事監は「午前中から場外発売をして、一日競輪を楽しんでもらえるように準備している。ガールズケイリンの新レースで新規顧客獲得を図っていきたい。売り上げは男子で25億円、ガールズで3億円が目標」と熱く語った。篠崎選手は「朝4時に起きて練習している。優勝を目指します」と宣言した。堀えりかチャンは「私も千葉県民なので地元選手に頑張ってほしい」とエールを送った。