【松阪競輪・ミッドナイト】地元・太田美穂が白星発進「妹の存在も刺激になってます」

2021年03月09日 00時20分

地元で気合が入る太田美穂

 松阪ミッドナイト競輪(FⅡ)は9日に2日目を開催する。初日1Rは太田美穂(24=三重)が4番手からのホームまくりで制し、地元で好スタートを切った。

「行けるところから踏み込めたし、いい感じ。自分の仕掛けに続いた人たちを連れ込んだみたいですね。男子の競輪みたい(笑い)」

 今は5月に京王閣競輪で開催される「京王閣コレクション」を目標に体をつくっている最中。加えて来期は妹・瑛美(120期)がデビューするなど、太田にとっては発奮材料が揃っている。

「妹は自分よりダッシュがあるし、私も負けられない。あっちも同じ思いのはずでしょう。お互いにいい刺激になっています」

 2日目1Rも人気を集めること必至だ。鋭いダッシュを繰り出し地元のプリンセスが連勝を決める。

関連タグ: