【前橋競輪・ミッドナイトガールズ】ケガから回復した鈴木美教が自信の参戦

2021年02月27日 17時32分

鈴木美教

 28日に開幕する前橋競輪ミッドナイト(FⅡ)では1、2Rでガールズ戦が行われる。優勝候補の一人である鈴木美教(26=静岡・1R出場)は近況やや精彩を欠いていたが「やっと感じが良くなってきた。今回はやりますよ!」と自信を持って参戦してきた。

 1月のホームバンク(伊東)戦では、初日に落車したものの、予選2、決勝と意地で連勝。気力で走り抜いて優勝をつかんだが、その代償は大きかった。「なんとか大丈夫そうだったし、終わった後も病院には行きませんでした。でも、なかなか痛みが引かなくて…。それで検査したらヒビが入ってました」

 ケガの影響があった平塚、佐世保は未勝利に終わった。「(ヒビが入っていることに)気づいていたら欠場していたと思う。その2場所は(人気に応えられず)申し訳なかったけど、前回の取手は、平塚や佐世保に比べれば動けたし確実に良くなっている。今回はもっといい走りができると思います」とようやく上昇気流に乗ってきた。

 昨年、僅差の7番手に滑り込み、ガールズGPに出場。一戦一戦の賞金の積み重ねが大事なことは一番わかっている。地元静岡で開催されるグランプリ出場を目指す鈴木にとって、2場所走れた意味は極めて大きい。

「走るか休んでしっかり治すか迷ったけど、走って調子も戻せたので結果的には良かったのかもしれません」

 鈴木の〝勝負駆け〟は年末まで続く。全快復した鈴木がここから猛チャージをかける。

関連タグ: