“初代女王”小林「右ひじ折れてた」

2013年02月23日 12時53分

 ガールズケイリン“初代女王”小林莉子(19)が復帰戦に挑む。

 

 高松競輪開設62周年記念(GⅢ・玉藻杯争覇戦)の2日目(24日)、11Rで争われる「ガールズコレクション2013高松ステージサンポートクイーンカップ」に1月松戸FⅠの決勝戦(15日)で落車した小林が登場する。

 

 転んだ当初は軽傷と思われていたが「あんまり手が動かないので病院に行ったら、右肩横突起のひびと、右ひじの剥離骨折があった」と実はダメージは大きかった。

 

 だがそこは19歳のたくましすぎる先行少女。「立川競輪場でバッチリ練習してきたし、もう完全に治っている」と23日の前検日は持ち前の明るさを振りまいていた。

 

 大きな舞台に強い“リコ”だけに、復帰戦とはいえ侮れず、優勝をかっさらっても不思議ではない。