• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競輪・オート > GI・3勝&1991年のグランプリ覇者・鈴木誠が引退

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI・3勝&1991年のグランプリ覇者・鈴木誠が引退


鈴木誠

 GI・3勝など多くのタイトルを獲得し、1991年にはKEIRINグランプリを制し賞金王に輝いた名選手・鈴木誠(53=千葉・55期)が9日、現役引退を表明した。8日の京王閣競輪第8Rが最後のレースになった。

 近年は左股関節の不調に悩まされ、PRP(多血小板血漿)療法などを行ったが、改善されず「医者からは3~4か月安静にすればというようなことも言われたが、年齢も年齢だし、ちょうど地元の松戸でサマーナイトフェスティバルがあって、そこでごあいさつもできるから」と、このタイミングで引退を決意した。

 松戸では来年、GI日本選手権(5月)が行われるが「ダービーに向けて無理したのがケガにつながったかも」と無念さものぞかせた。「ラストランと言うと周囲に気を使わせてしまうから」と辞めることは走る前には宣言しなかったという。

 15日のサマーナイトフェスティバル2日目第7R終了後に引退セレモニーが行われる。

 鈴木と数多くの名勝負を演じた“レジェンド”神山雄一郎(50=栃木・61期)は「同世代の選手がバタバタと辞めていく中でマコトさんは、まだやると思っていたのでさみしい。自分がデビューした時、マコトさんは自在選手で強くて全く歯が立たなかった。憧れの目標の選手でした」と鈴木の引退を惜しんだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!