• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 地方けいば重賞展望 > 【トウケイニセイ記念】1番人気、展開1、1番枠は買い

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【トウケイニセイ記念】1番人気、展開1、1番枠は買い


前年は2番人気ミラクルフラワーが後続を振り切ったが、今年は果たして…(岩手県競馬組合提供)

【トウケイニセイ記念(8日、水沢競馬場=1600メートル)】メイセイオペラとトウケイニセイ、どちらが岩手最強馬か。活躍した時代、周辺環境ともに違うため比較は難しい。ただ、ひとつ言えるとすればメイセイオペラはカミソリの切れに対し、トウケイニセイはナタの切れ。たとえは古いが、トウケイニセイはシンザンタイプ。最後1着でゴールで入ればいい——という印象の名馬だった。

 敗戦を喫した次の一戦。トウケイニセイは必ず圧勝した。鞍上・菅原勲元騎手ともども、負けたことがよほど悔しかったらしい。連敗は一度もなかった。

 トウケイニセイの連続連対数41は今も残る日本一の記録。そんな名馬に敬意を表し「1」にこだわってデータを抽出した。

 過去10年の1番人気は〈5・3・2・0〉。全て3着以上と期待に応えているが、1番人気が3着に敗れた時の3連単36万8840円(第13回)、25万2560円(第12回)と超万馬券が出ていた。

 全17回まで目を向けても1番人気が4着に沈んだのは第1回ランニングメイトだけだった。第2回以降は毎回、馬券対象で〈10・4・21〉と驚異的な連対率を叩き出している。1番人気を消してはならないと言えそうだ。

 また、逃げ馬は〈4・1・0・5〉だが、近5年に限れば4勝2着1回と連対100%。特にここ3年は逃げ切りが優勝パターンとなっている。さらに1番枠に入った馬は〈3・4・1・2〉と7割の連対率を誇っている。

 データからの狙いは1番人気、展開1(逃げ)、1番枠。これらの条件は迷わず「買い」だ。

 果たしてラッキーナンバー「1」を手に入れるのはどの馬だろうか。

☆今後の重賞

 8日 水沢・トウケイニセイ記念 
10日 浦和・ニューイヤーカップ
11日 笠松・白銀争覇13日 佐賀・サイネリア賞 

※次回掲載日は1月13日

◇楽天競馬ホームページ
https://keiba.rakuten.co.jp/

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!