• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 地方けいば重賞展望 > 【兵庫ジュニアグランプリ】前走圧勝のソイカウボーイに注目

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【兵庫ジュニアグランプリ】前走圧勝のソイカウボーイに注目


津田麻莉奈の注目はホッカイドウ・ソイカウボーイだ(北海道軽種馬振興公社提供)

【兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場1400メートル)】人肌恋しい季節になりました。街にはイルミネーションがともり始め、何となく浮足立った雰囲気…。ああ寒い。この冷え切った体を、誰が温めてくれようか。そうだ! こんなときは馬券を買おう。そして懐を温めようではないか。

 11月21日、園田競馬場でJpnII兵庫ジュニアグランプリが行われます。過去10年で1番人気は4勝、3着1回で交流重賞としてはやや低調な一方、地方所属馬10頭が3着以内に奮闘。昨年はホッカイドウ勢が1、3着に食い込んで3連単は30万馬券になったように、馬券的な妙味も期待できます。

 というわけで、今年の注目はホッカイドウ勢、田中淳二厩舎のソイカウボーイです。デビュー2連勝後に臨んだJRA・すずらん賞では初芝の影響もあってか12着に終わりましたが、次戦のサッポロクラシックCでは、これまでの先行策から一転、中団でレースを進め、直線では外から危なげなく差し切り4馬身差の圧勝を飾っています。

 昨年の勝ち馬ローズジュレップはサッポロクラシックCを2着の後、このレースを優勝。同じローテーションにも好感が持てます。

 JRA勢ではハヤブサマカオー。逃げて直線も持ったままで、後続に1秒7もの大差をつけた衝撃のデビュー戦を含む2戦2勝。重賞でもあっさり逃げ切る可能性もありそうです。

 今年も、今後のダート戦線をにぎわす存在になり得る逸材が多数出走する兵庫ジュニアグランプリから目が離せません!

(タレント・津田麻莉奈)

★今後の重賞
19日 水沢・ダービーグランプリ
21日 園田・兵庫ジュニアグランプリ
22日 笠松・笠松グランプリ
23日 浦和・浦和記念
25日 佐賀・雲仙岳賞
※次回掲載日は11月24日

◇楽天競馬ホームページ
https://keiba.rakuten.co.jp/

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!