【GIII滝澤正光杯】中村浩士が今節の意義を語った

2019年10月02日 16時06分

【GIII滝澤正光杯(2日)】中村浩士(41)は日本競輪選手会の千葉支部長として身を粉にして働いている。今節は台風15号の災害に対する支援の意味の含めての開催となる。イベントのアピールも含め、現状を語ってもらった。初日特選12Rは渡辺雄太(24)の番手。1着でファンの前に立ってみせる。