• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【旬のボートレーサー】平山智加 産休から復帰し「2優出1V」活躍のナゼ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【旬のボートレーサー】平山智加 産休から復帰し「2優出1V」活躍のナゼ


平山智加

【今が旬〜このレーサーに乗れ〜】今、目が離せないレーサーを紹介する好評企画「今が“旬”~このレーサーに乗れ!~」。今回は3月に約1年2か月間の産休から復帰したばかりの平山智加(32=香川)が登場だ。休養前もトップレーサーとして活躍していたが、復帰戦のまるがめ一般戦でいきなり優出すると2節目の下関GⅢオールレディースで優勝と結果を出した。“母”となって育児と仕事にどのように向き合っているのか――。

「今までは自分のため、家族のため、ファンのためにと思って走っていた。だけど、これからは“子供のために”という大きな存在が増えた。この子のために頑張らなきゃって…。そう思わせてくれるだけでプラスになっている」――。“平山ママ”は復帰直後の心境をこう明かした。

 2017年1月の戸田60周年記念を最後に産休に入り、9月に第1子となる長男を出産。「妊娠中はいろんな人のレースを見る余裕はあったんですけど、長男が生まれてからは、自分が歩くのにも1か月近くかかったし、まず普通の生活に戻すのが大変でした。育児にも追われて毎日があわただしく過ぎた。暇があれば寝なきゃ体力がもたなかったですね」。当然のことながら休養中は育児に専念。そして1年2か月のブランクを経てレースに復帰した。

 長期休養前は13年1月に尼崎GⅠ・60周年記念でV、同12月の芦屋プレミアムGⅠクイーンズクライマックスを制して賞金女王にもなった。SGにも出場し、まさに第一線で活躍。ファンもその姿を覚えている。そして自身にもそのプライドと責任感があるだけに復帰後も中途半端なレースはできない。「優出したり、優勝できる選手に戻って、子育てとの両立を目指したいです」。復帰するなら以前と同じようにトップレーサーとして走らなければならない。そう心に決めて戦いの場に戻ってきた。

 まるがめ一般戦優出後は「まだ心と体が一致しない」。優勝した下関GⅢ後も「産休前に比べると、まだまだです。エンジンが良かったから」と本来の姿を取り戻しているわけではない。

 それでも「自分がどう変わっていくのかも、すごく楽しみなんですよ」と前を向く。愛息という最高の宝物を授かった“平山ママ”。復帰前と同じように活躍することはもちろん、以前とはひと味違う“強さ”を発揮してくれることは確実だ。

☆ひらやま・ちか=1985年7月13日生まれ。香川支部98期生。2006年5月にまるがめでデビューし、4走目で初勝利。初Vは07年11月の宮島。通算22V。GⅠは13年尼崎60周年記念、同年12月の芦屋プレミアムGⅠクイーンズクライマックスの2V。SG初出場は09年の福岡オールスター。夫はボートレーサーの福田雅一。同期には松田祐季、松本晶恵らがいる。身長156センチ、血液型=O。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!