• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【福岡ボート・マスターズチャンピオン】“インの鬼”西島義則 インモンキー誕生秘話

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【福岡ボート・マスターズチャンピオン】“インの鬼”西島義則 インモンキー誕生秘話


【福岡ボート・マスターズチャンピオン:カウントダウンコラム(3)】歴戦の古豪が火花を散らすボートレース福岡プレミアムGⅠ「第19回マスターズチャンピオン」が17日に開幕する。今回から出場資格が45歳以上に引き下げられ、松井繁、服部幸男、田中信一郎らSGメンバーが多数参入。ここではそんな新参者を迎え撃つ常連組を紹介。恒例のカウントダウン連載「われら真のマスターズ」の第3回は“インの鬼”西島義則(56=広島)だ。

 プロのレーサーとして最も大事なことは? いきなりこんな質問をぶつけてみた。すると――。

「お客さんを第一に考えること。それに尽きる。よく『選手道が…』とか言うヤツがいるけど、どっち向いて走っているんだって。お客さんがお金を賭けてくれなきゃ僕らの仕事は成り立たない。自分の立場を優先させるなんてプロ根性がないってことだ。本当のプロ意識を持っとるのは、上位100人くらいだと思っているよ」

 立て板に水のごとく堂々と語れるのは、自分のスタイルに信念と覚悟を持っているからだ。

 インへのこだわりが確立したきっかけは、93年3月の戸田SGクラシック。モンキーターンという時代の最先端の旋回を駆使した“艇王”植木通彦(引退)の優勝劇に衝撃を受けた。「あの植木のレースを見て心に期した。これをやらないと時代についていけない。だから外から握る練習を何度も重ねた」

 並の選手ならここで終わるが、西島の発想はその先をいった。「外から全速で回れるなら、じゃあインでやったらどうなるか。差されもまくられもしない最強のターンができるんじゃないかって。それでインから全速で回る自分だけのターンを作ったんだ」

 ヘルメットが水面につきそうなほど深い前傾姿勢のインモンキー。独自の旋回はそのシルエットから「ペリカンモンキー」とも呼ばれ、ここにイン屋・西島が完成した。最強の武器を得た西島は94年に「最高勝率選手」に輝き、97年3月のクラシックでSG初V。00年にはグラチャン、オーシャン、メモリアルのSG3連続Vの偉業を成し遂げるなど、その後の活躍は周知の通りだ。

 強豪が参入する今回のマスターズについて「SGと同じようなメンバーだし、ピット離れから気を抜けないから楽しみだね」と心を躍らせる。

「加藤(峻二)さんも大嶋(一也)さんも辞め、気付いたら登録番号が上から30番目くらい。老いは宿命だけど、まだ気持ちは若い。舟券に貢献できる限り走り続けるよ」

 イケメンレーサーが幅を利かせる時代だが、こんな強烈な「昭和臭」を放つ男が集まるマスターズにこそ、プロのあるべき姿の答えがある。

☆にしじま・よしのり=1961年10月30日生まれ。広島支部の49期生。81年11月の宮島一般戦で2連勝の鮮烈デビュー。84年11月の住之江一般戦で初V。GⅠは89年1月の尼崎新鋭王座決定戦の初Vを皮切りに16V。SGはクラシック2連覇(97、98年)、2000年のグラチャン、オーシャン、メモリアルの3連勝を含む7V。通算91V。身長167センチ。血液型=AB。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!