【住之江ボートGI太閤賞競走】上條暢嵩「魅せるレースでお客さんを楽しませる」

2018年04月06日 17時02分

今年に入り調子を上げている上條暢嵩

【ボートレース住之江GI「太閤賞競走」:注目選手=上條暢嵩(24=大阪・110期)】今年に入り調子を上げてきた。2月の平和島ルーキーシリーズで優出4着→蒲郡一般戦で同3着と連続で優出するなどリズムアップに成功。「昨年の児島でFしてからリズムは最悪だったけど、今年はまずまずいい感じにきてる」と自身の状態の良さをアピールした。

「事故点が多いので、そこが…」と少々弱みを抱えての参戦となるが、遠慮するつもりはない。「事故点が多いからといって控えることはなく、勝負するところは思い切ってレースをする。それに、しっかり魅せるレースをして、お客さんが見ていて楽しんでいただけるような走りをしたいと思ってます」。今年のスタート平均は16。事故点があろうともファンのため、自分のため全力でレースに挑む。「まずは予選突破。それができれば、もちろん優勝ですね」。常に高いところに目標を置き貪欲に勝利を目指す。