• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【住之江ボートGI太閤賞競走】断トツの住之江勝率!王者・松井繁に期待

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【住之江ボートGI太閤賞競走】断トツの住之江勝率!王者・松井繁に期待


松井繁が9年ぶりの地元タイトル奪還に燃える

【ボートレース住之江GI「太閤賞競走」(7日開幕)】桜が咲き誇るこの時季。7日から12日までの6日間、ファン待望の「GⅠ太閤賞 開設62周年記念競走」がボートレース住之江で幕を開ける。今回もSGや記念戦線でおなじみの豪華メンバーが集結! 連日激しいバトルが展開される。また、将棋界のレジェンド「ひふみん」こと加藤一二三のトークショーや、道頓堀・心斎橋・なんばエリアで毎年開催中の「ほんまもんバル」が住之江に登場するなど、連日イベントも盛りだくさん。ぜひ本場に足を運んで大いに満喫したい。

【初日(7日)千成賞展望】1号艇に陣取るのは“王者”松井繁だ。今年初戦の正月オール大阪でⅤ。その後はSG、記念戦線を主戦場にし、GⅠ平和島63周年記念(4着)、GⅠ戸田61周年記念(5着)で優出はあるがⅤはない。当地ではSG3回、GⅠ・7回、GⅢ&一般戦27回のⅤ歴があり、通算勝率も7・89と断トツの実績を残している。ただ、太閤賞は過去4回制しているが、2009年の52回大会を最後に、8年間優勝から遠ざかっている。地元ファンは最終日のステージでの勝利者インタビューを心待ちにしているはずだ。

 菊地孝平は昨年暮れのグランプリでファイナルに進出。3コースからコンマ13のトップスタートで果敢に攻めるも4着と悔しい思いをした。今大会Vでそれを払拭し、年末に再びこの地に帰ってきたい。田中信一郎は松井に次ぐ当大会3Ⅴの実績を残しており、近況は2節前のまるがめGⅢで優出2着と調子を上げつつある。新機、新艇になり4節目でエンジン相場が固まっておらず、持ち前の整備力を生かし松井に並ぶ4回目の制覇を視界に入れたい。

 2月のとこなめGⅠ東海地区選で優出4着の池田浩二や前節の三国GⅡ・MB大賞優出3着の浜野谷憲吾、GⅠ戸田61周年記念優出6着→福岡一般Ⅴの篠崎仁志もⅤ戦線に絡んでくること必至で、外枠でも侮れない存在だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】藤木裕 涙の地元記念初優勝
藤木裕が2013年4月武雄記念以来3回目のGⅢ優勝で、地元記念初制覇を飾った!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!