• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】「ケブラーズボン」と「大時計」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】「ケブラーズボン」と「大時計」


【舟券的中への近道 ボートレースアカデミー】

<ケブラーズボン>選手のレース装束といえば、カッパ上下にカポック(救命胴衣)、ヘルメット、手袋、シューズという絵柄が思い浮かぶことでしょう。でも、選手はもれなく、カッパの下にケブラーズボンという特殊なズボンをはいてレースに臨むのです。

 ケブラーズボンの“ケブラー(登録商標)”とは、アメリカの大手化学製品メーカー・デュポン社が1965年に開発した高強度、耐熱に優れた繊維で、同じ重さの鋼鉄の5倍の強度を持つスーパー繊維なのです。その強さから軍用のヘルメットや防弾チョッキ、自動車産業、船舶、飛行機、宇宙産業まで幅広く使用されていますが、耐切創性にも優れているため、プロペラから身を守る必要のあるボートレースにも採用され、今や必需品になりました。

 どのくらい“必需”なのかといえば、実はケブラーズボンだけでなく、シューズやソックス、手袋やリストバンドにもケブラー繊維は使われています。つまり選手は「ケブラー繊維で武装してレースをする」と言っても過言ではありません。

 ただし、特殊素材だけあって値は張り、シューズで3万円から、ズボンも2万円以上。ズボンの使用期間は9か月が限度。期限前には選手の自宅に自動的に新品が送付されるシステムになっています。安全確保にはお金がかかるんですね。

<大時計>ボートレースの醍醐味の一つである“スタートの攻防”を支えているのが大時計。そう、スタートラインのスタンド側水面寄りに鎮座している、黒くて大きな時計です。これがないとレースが始まらない。大時計の正式名称は「発走信号用時計」。規格は直径3メートル以上と決まっていて、スタート手前40メートルラインの中央を向いており、商業用電源で作動しますが、非常用の予備電源(バッテリー)を備えています。

 では、大時計はどんな仕様で、どんな動作をするのか――。文字盤には一般的な時計と同じ12の目盛りがついており、1分で1周する白い1分針と12秒で1周する黄色い12秒針の2種類の針があります。静止時には1分針が12時の位置で、12秒針は9時の位置で待機します。文字盤の上に2個のランプ(時間表示装置)があり、ピット離れと同時にランプが点灯。1分前にランプが消え、同時に白い1分針が動き始めます。1分針は5秒で1目盛り進み、45秒経過する(=12秒針に重なる)とお役御免となり、1秒に1目盛り進む黄色い12秒針にバトンタッチ。12秒針が15秒進んだところが12時の位置、つまりスタートタイミング0・00というわけ。なお、潮の干満があるレース場では昇降装置で大時計の高さを変えるため、大時計が海水に漬かることはありません。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!