【ルーキーシリーズ第4戦・福岡】渡辺和将 好枠でダブル白星のチャンス到来

2018年03月24日 09時35分

【ルーキーシリーズ第4戦・福岡】渡辺和将(28=岡山・103期)今節から新ペラ交換の61号機を引き当て、初日(22日)は3→5着と思わぬ苦戦も、2日目(23日)の4Rは6枠から前づけ2コース奪取してのまくり一撃で初白星。後半9Rは中田達也との接戦を制しての2着とし、素早く軌道修正に成功した。機も「新ペラはだいぶ叩けた。全体的に底上げができているし、バランス取れて中堅上位くらい」と笑顔で語った。

 福岡は約3年4か月ぶりの参戦だが「嫌いな印象はないし、福岡は(2014年4月一般戦)優勝戦1枠にも乗れている。イメージはいい。あとはしっかりウネリを乗っていきたい」と問題はない。3日目(24日)は3、1枠の好枠デーだけに、ダブル白星のチャンス到来だろう。

〈24日=8、12R出走〉