• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【戸田ボート・GI戸田プリムローズ】圧倒的有利な地元勢に挑むGPファイナリスト・井口佳典

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【戸田ボート・GI戸田プリムローズ】圧倒的有利な地元勢に挑むGPファイナリスト・井口佳典


井口佳典

【ボートレース戸田GI「戸田プリムローズ」(27日開幕)総展望】ボートレース戸田のGI「開設61周年記念 プリムローズ」が27日、幕を開ける。昨年のこのシリーズを制した桐生順平が年末のグランプリ覇者となったように“ゲン”のいい大会として、注目度アップの当タイトル。そんな中で来年3月にここ戸田で7年ぶりのSG開催となる「第54回クラシック」が行われるとあって、本紙は出場権獲得に向けて躍起になっている地元“埼強”(埼玉最強)軍団にスポットを当てた。

 全国の地区選ロードもすべてフィニッシュ。ここから再び通常のGI・SG戦線がリスタートする。地区選とは違い、今節は各地のスター選手が集結して、ハイレベルのバトルを展開する――。

 当地は全国24場で「最も狭いレース場」というのが大きな特徴で「イン絶対有利」というボートレースの常識が通用しない、選手泣かせの難水面と言われている。地の利、水面慣れがモノをいうだけに、その点から地元埼玉支部勢の存在が大きくクローズアップされる。

 しかも来年3月に当地でSGクラシックが開催されるとあって、その出場権利確保という命題も確かな後押しとなる。

 別項でも取り上げた前年覇者でGPウイナーの桐生順平が大本命となるし中田竜太、須藤博倫もV候補に挙がってくる。

 ただし地元メンバー以外にもV候補となる有力メンバーも多い。昨年のGPファイナリストの井口佳典、菊地孝平、毒島誠、石野貴之をはじめ白井英治といった面々は戸田水面に向いた、高い攻撃力を持っている“ファイター”だけに、上位争いは間違いないはずだ。

 さらにはさばき達者な松井繁、パンチ力を秘める元志&仁志の篠崎ブラザーズ、潜在能力の高い笠原亮、丸岡正典、湯川浩司らも好勝負必至の実力派だ。
 また復活を期す浜野谷憲吾に山崎智也やブレーク寸前の磯部誠、片岡雅裕らの走りからも目が離せない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!