【若松ボートGⅠ九州地区選】竹井奈美 試練の2017年を経て強くなったメンタル

2018年02月14日 14時19分

精神面で大きく成長した竹井奈美

【ボートレース若松・パイナップルナイターGⅠ「第64回九州地区選手権」(15日開幕):注目選手=竹井奈美(福岡支部)】「最近の調子はあまりよくないですね」。こう話すのも無理はない。華々しい結果を残し、その名を一躍、全国区へ押し上げた2016年の反動からか、昨年は試練の一年となった。6優出にとどまりVはゼロ。13優出の16年との差はあまりにも大きすぎる。

 だが、この一年で精神面では大きく成長していた。「以前は(その節に)四十何人もいるのか…、となっていたけど、今はみんなにチャンスがある、とだんだん思えるようになってきた。九州ダービーでもチャンスはあると思っています」とキッパリ。

 若松は地区スターも務めた純地元水面。「若松は好きです。スタンドとの距離とか、見慣れた雰囲気で好きです。若松で優勝することが夢。花火の前でウイニングランをしたいです。記念なら花火の量も多くなりますよね。優勝できるように頑張りたい」。女子選手では2度目となる地区選Vを決められるか。