• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【びわこボートGⅠ近畿地区選手権】木下翔太「今年は絶対にGⅠを取ります」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【びわこボートGⅠ近畿地区選手権】木下翔太「今年は絶対にGⅠを取ります」


好相性のびわこでGIを狙う木下翔太

【ボートレースびわこGⅠ「第61回近畿地区選手権競走」(14日開幕)注目選手=木下翔太(26、大阪・108期)】今年は「GⅠを取る!」と大阪支部の次世代エースが気合をみなぎらせている。

 昨年は2月の三国で行われた近畿地区選手権(優勝戦4着)に始まり、住之江周年記念(準Ⅴ)、ヤングダービー(同4着)、鳴門周年記念(準Ⅴ)でGI優出を果たし、憧れだったSG(グランプリシリーズ)の舞台にも上がり充実した1年だった。

「昨年はそこそこ(GⅠで)優出ができて自信もついたし、いい経験をすることができた」。それを体現したのが、松井繁や田中信一郎、石野貴之ら超ビッグネームが揃う正月オール大阪での優出4着。その後の鳴門ルーキーシリーズでは貫禄の走りを見せⅤ。続くまるがめ一般戦でも優出3着と好走を続けて自信を深めた。ただ、見据えるものは、やはりその先の大舞台。「今年は絶対にGⅠを取ります。びわこはエンジンはそれなりに出てくれるし相性のいいレース場。(GⅠを)取りにいきます。クラシックへ出るためにもラストチャンスですから」とキッパリ。

 びわこでGⅠ優勝の“グラッチェ”ポーズが飛び出す可能性は十分にありそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!