【びわこボートGⅠ近畿地区選手権】木下翔太「今年は絶対にGⅠを取ります」

2018年02月13日 15時54分

好相性のびわこでGIを狙う木下翔太

【ボートレースびわこGⅠ「第61回近畿地区選手権競走」(14日開幕)注目選手=木下翔太(26、大阪・108期)】今年は「GⅠを取る!」と大阪支部の次世代エースが気合をみなぎらせている。

 昨年は2月の三国で行われた近畿地区選手権(優勝戦4着)に始まり、住之江周年記念(準Ⅴ)、ヤングダービー(同4着)、鳴門周年記念(準Ⅴ)でGI優出を果たし、憧れだったSG(グランプリシリーズ)の舞台にも上がり充実した1年だった。

「昨年はそこそこ(GⅠで)優出ができて自信もついたし、いい経験をすることができた」。それを体現したのが、松井繁や田中信一郎、石野貴之ら超ビッグネームが揃う正月オール大阪での優出4着。その後の鳴門ルーキーシリーズでは貫禄の走りを見せⅤ。続くまるがめ一般戦でも優出3着と好走を続けて自信を深めた。ただ、見据えるものは、やはりその先の大舞台。「今年は絶対にGⅠを取ります。びわこはエンジンはそれなりに出てくれるし相性のいいレース場。(GⅠを)取りにいきます。クラシックへ出るためにもラストチャンスですから」とキッパリ。

 びわこでGⅠ優勝の“グラッチェ”ポーズが飛び出す可能性は十分にありそうだ。