ジンクス吹き飛ばし井口が東海地区選初V

2013年01月30日 13時20分

 津のGⅠ「第58回東海地区選手権」は29日に優勝戦が行われ、1号艇・井口佳典(35=三重)がコンマ16のトップスタートから押し切り、東海地区選は初、GⅠ通算6回目のV。

 三重支部の空白を埋めたのはやはりこの男だった。初SG制覇となった08年笹川賞も、三重勢としては瀬古修(引退)の89年全日本選手権以来のSGVだったが、東海地区選も、長らく愛知、静岡勢で優勝を分け合っており、三重勢の優勝は89年木下頼房以来。レース後は開口一番「前日から負ける要素はないと思っていた。最高の仕上がりでレースに臨めた。(三重支部が勝てないジンクスも)背負って走ったつもり。本当に取りたかったし、勝ててうれしい」と井口らしい強気なコメントだった。