• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【女子ボートレーサーの愛用品】清埜翔子 乗艇着は想定外の効果あり!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【女子ボートレーサーの愛用品】清埜翔子 乗艇着は想定外の効果あり!


清埜翔子の乗艇着

【女子ボートレーサー私の愛用品:清埜翔子(26=埼玉・111期)】女子ボートレーサーの乗艇着には様々な主張が込められている。胸に「S」のおなじみのマークを刻んだスーパーマンならぬスーパーウーマンになりきる清埜は「これを着てるとレース場でいろんな方に声をかけてもらえるんです」。お気に入りの逸品には同期の絆も見え隠れする。

 デビューしてすぐ、自称スーパーウーマン・島田なぎさの発案で同期女子8人のお揃いのジャンパーを仕立てた。

「島田がこういうのを考えるのが好きで、みんなで強くなれるようにとの思いで作りました。コレを着てると先輩選手からちゃかしながら声をかけてもらうことも多いので、自分のことを覚えてもらうにはちょうどいいし、結構気に入ってます」

 111期は女子が8人と大所帯。優勝経験があるのは島田と伊藤玲奈の2人だけだが、いずれは皆で大舞台へとの強い思いがある。清埜自身も昨年5月の戸田で優出(3)着。初Vを狙えるだけの地力はつけている。

「島田が初優勝してすごく刺激になった。ただ、優勝ばかりを意識してもどうにもなりませんからね。自分はいきなりポンと勝てるタイプではないので一走一走を大事にして少しずつ進んでいきたい。桐生さんからためになるいろんな話を聞かせてもらいましたからね」

 昨年末のこと。グランプリを制した直後の桐生順平と会食する機会があり、スーパーウーマンになるべく“道しるべ”も示されたという。「近い目標はまずはA級に上がること。将来的にはA1になって上のレベルで戦える選手になりたい」

 プレミアムGⅠのレディースチャンピオンやクイーンズクライマックスといった大舞台の開会式で、同期揃ってこのスーパーウーマンのポーズをお披露目するのが夢でもある。

「私、目立ちたがり屋なんです」とはにかむ彼女のさらなるパフォーマンス向上と初優勝が楽しみだ。

☆せいの・しょうこ=1991年8月12日生まれ。埼玉支部所属の111期生。2012年11月の戸田でデビュー。14年1月の戸田で初勝利を飾るまで1年2か月を要した。15年9月の住之江で初優出(6着)。同期は堀本和也、安河内将、竹井貴史、島田なぎさ、大豆生田蒼ら。身長160センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!