ここを勝って始まる前人未到の賞金王V4

2013年01月28日 16時30分

【GⅠ近畿地区選手権】29日に開幕する近畿地区選手権の舞台はボートレース三国。絶対的な主役となるはずだった地元のカリスマ・今垣光太郎がB2降級のため不在。となればF休み明けとはいえ、松井繁が主役になる。

 

 昨年末の「賞金王決定戦」では山崎智也に屈したものの、TR3戦は完璧な取り口で優勝戦1号艇をゲット。あらためて王者の底力を見せつけた。今年こそ前人未到の“賞金王V4”を達成すべく、13年初戦となるここから開幕ダッシュを決める。

 

 今垣不在ながら迎え撃つ地元勢も中島孝平に萩原秀人、松田祐季、石田政吾と粒揃い。中でも昨年「悔しさ」を味わった中島と萩原のここにかける思いは人一倍だ。

 

 中島はタッチの差で賞金順13位となり「賞金王決定戦」出場を逃し、萩原もGⅠ初制覇が目前だった9月「津周年」で予選トップ通過↓1号艇で優出も無念の5着。そろそろ念願のGIタイトルを勝ちたいはずだ。

 

 松田はいささか勝負に淡泊な面はあるがコーナースピードは一級品。格上相手に互角の競りを演じる技量を備えており、大駆けの可能性も十分。

 

 他にも大阪勢では「賞金王」組の太田和美、丸岡正典が当然のようにV争いに加わるし、バランスが取れた戦力を誇る田中信一郎や爆発力を秘める湯川浩司と石野貴之も準優は外すまい。

 

 さらに兵庫の魚谷智之、吉田俊彦と滋賀の守田俊介、川北浩貴も警戒が必要だ。