• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > WBA世界王者・村田諒太 ボートレースは「ボクシングより怖い」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WBA世界王者・村田諒太 ボートレースは「ボクシングより怖い」


メダルをかじる村田諒太

 ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒大(31=帝拳)が23日、SG「第32回グランプリ」が開催されているボートレース住之江を訪れ、トークショーを行った。

 世界王者になってから多忙な日々が続いているという村田は「チャンピオンと言われますけど、まだまだ強い人がいるので」とあくまでも謙虚。来年4月に開催が決まった初防衛戦に向けて「まだ他の仕事もあって集中してトレーニングはできていないけど、できる限りのことをして試合に臨みます」と決意を語った。

 この日はロンドン五輪の金メダルと、世界王者となった10月22日の試合でボートレース振興会の小高幹雄会長から贈られた純金製のメダルを持参。「五輪メダルは取ったことでいろいろなことが変わりましたけど、振興会にいただいたメダルのほうが溶かしたときの価値は高いんですよ」と強烈なジョークを飛ばすと、メダルをかじる“お約束”のポーズも披露した。

 以前、ペアボートに試乗したことがあり「水を無理やり叩いて進んでいる感じ。はね返されるような衝撃で、ボクシングよりも怖いと思った。ボクは怖がりなんですよ。高いところも苦手ですし」と、意外な素顔も明かした。

 村田は初の世界タイトル戦となった今年5月のアッサン・エンダム戦で「不可解判定」で敗れてプロ初黒星を喫したが、10月に行われたダイレクトリマッチでは7回終了TKOで圧勝。日本人選手としては竹原慎二に次ぐ、同級2人目の世界王者となった。初防衛戦は来年4月に国内で開催される予定(対戦相手は未定)だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!