• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】「級別」と「グレード」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】「級別」と「グレード」


【舟券的中への近道 ボートレースアカデミー】

<級別>今月1日から、また新たな(2018年後期適用分)級別決定の審査期間がスタートしたが、選手は登録されているすべての者がA1、A2、B1、B2の4つの級別にクラス分けされている。

 それぞれの級別は各年の前期(1月1日~6月30日適用=審査期間・前年5月1日~10月31日)、後期(7月1日~12月31日適用=同・前年11月1日~当年4月30日)と、半年ごとに使用される。

 各級の振り分けは別表の条件によりランク分けされる。表中に「定率」とあるが、各級の人数は全選手数の割合で決められる。仮に選手数が1500人ちょうどならA1級は300人…となる。

 また毎期、期末が近づくと“新期の級別ボーダー”などとスポーツ紙や専門紙で「新期A1ボーダーは6・××」と話題になるが厳密には「勝率」のみではなく2連対率、3連対率に事故率や出走回数といったすべての条件をクリアしなければならない。

 例えば勝率では8・00をマークしていたとしても、2、3連対率が基準に足りなかったり、出走回数が90回に満たない場合、また事故率が0・70を切らなければA1級にはなれない。級別決定の違いで一番大きな差がつくのは“あっせん”だ。

 別項にもある「グレードレース」とも関連するが、SGやGIには「A1級」が絶対条件となるレースが多い。毎月のあっせん日数も各級別で明確な差がつく。A1・A2なら1か月に15日、B1は10日、B2は6日(いずれもその前後を目安)と、やはり“優勝劣敗”の構造となっている。

<グレード>競走全体の位置づけを体系づけるための“格付け”で、1988年から導入されている。現在のグレードは上からSG(エスジー=スペシャル・グレード)、GI、GⅡ、GⅢそして一般競走と5段階に分けられており、上位の格のレースほど、高額賞金となっており、その出場資格も高位レースほど厳しい条件が設けられている。

 最上位のSGという1つのくくりの中でも、優勝賞金1億円という「グランプリ=GP」(12月)を頂点に、歴史が古く、権威ある「クラシック」(3月)、「オールスター」(5月)、「メモリアル」(8月)、「ダービー」(10月)の5つを「グランデ5」(GP以外は優勝賞金3500万円)と呼ぶほか、「グラチャン」(6月)、「オーシャン」(7月)、「チャレンジカップ」(11月)という比較的、新しいタイトル(優勝賞金2700万円)もあり、さらにGPシリーズ戦(GPと同時開催=同1600万円)もある。

 またGI(ジーワン)の中でも「クイーンズクライマックス」「レディースチャンピオン」の女子2タイトルを筆頭に、古豪(45歳以上)限定の「マスターズチャンピオン」、若手(30歳未満)オンリーの「ヤングダービー」という、それぞれのカテゴリーに分かれた「プレミアムGI」もあれば、周年記念(各場年1回)やダイヤモンドカップ(施設改善記念=開催条件あり)、さらには住之江限定の高松宮記念(年1回)に、全国6地区の地区選手権と多種多彩だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!