• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【桐生ボート・ドラ恋ガールがヤマト発動機を探訪】

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【桐生ボート・ドラ恋ガールがヤマト発動機を探訪】


【桐生ボート・ドラ恋ガールがヤマト発動機を探訪】昨今のボート界はエンジン抽選がシリーズの行方を大きく左右するが、そもそもエンジンはどのように作られているのか。ボートレースの原点に立ち返るべく、本紙は全国のレース場で使用されるエンジン、プロペラ、ボートを製造する「ヤマト発動機」(群馬・太田市)を訪問した。同社から最も近いレース場・ボートレース桐生では、ファンクラブ限定の「工場見学ツアー」を年1回ペースで開催。その桐生ボートで“ドラ恋ガール”として活躍する高橋真以さん(23)が、あまり知られていない工場内の様子をリポートする。

ヤマト発動機のエンジン

★エンジン=60年の歴史を誇るヤマト発動機は、ボートレース桐生から車で約20分の広大な敷地に位置する。ここでは1年間に約1600基のエンジンが製造され、全国24レース場とボートレーサー養成所に出荷される。

 現在使用されているエンジンは「ヤマト331型」(2014年12月~)で質量は約42キロ。1953年版の最古のエンジン「27型」から約12代目となる。

 さて、工場内へ足を踏み入れると巨大な加工機械の数々、湿度や温度の徹底した管理に驚かされてしまう。部品加工、組み立てなどの製造工程で幾度となく「検査」が行われ、同社のモットーでもある「均一性」が追求されている。

 各部品の高さ、深さ、幅などの寸法の個体差は「公差」と呼ばれるが、この公差内であっても常に均一になるよう加工機械内で測定が行われ、公差の中央値から外れた場合は自動で補正され、次の加工に反映される。例えばエンジンの性能に大きく関わる心臓部分「シリンダーケース」の内径は1000分の5ミリ(5ミクロン)以上の差は許されない。微妙な容積の差がパワーに影響するため、特に神経を使っている。

 組み上がったエンジンは、実際に深さ4メートルの水槽でチェック運転。これをクリアした個体が完成品検査を経て、晴れてレース場に出荷される。

職人が手がけたプロペラを興味深げに眺める高橋さん

★プロペラ=以前は選手が個人持ちのプロペラ(通称ペラ)をレース場に持参していたが、2012年4月からはペラがエンジンに備え付けられた状態で選手に貸し出される制度に変更された。

 そのペラも同社で大量製造されている。材料に使用されるのは耐力値が高く、耐食性に優れた特殊アルミニウム青銅。初期段階(素材)の1050グラムから機械加工、バフ研磨工程を経て完成したペラは373グラム。写真を見れば一目瞭然だが、約3分の1の質量まで削られた完成品はまるで別物のように輝いている。

 このペラ加工は同社の職人による手作業。研磨技術はまさにプロフェッショナルで、新潟県燕市の研磨業者が主催する「金属研磨仕上げ技能競技会」で同社のペラ加工職人が第4位になったほどの腕前だ。

 制度変更直後は、新ペラに交換されると選手はレースまでに理想の形に叩き直さなければならなかったが、今では新ペラのままレースに行っても遜色ないレベルにまで仕上がっている。実際、今年7月の戸田一般戦では黒柳浩孝が新ペラのまま一度も叩かずに優勝。「新ペラのまま乗った方が感触がいい」と証言するSGレーサーもおり、同社の職人技は確実に進化している。

完成したボートに乗ってモンキーポーズを決める高橋さん

★ボート=ボートを構成する木材は部位によって材質が異なる。フレームのメーンは上質のスプルス材、補強には強度の高いナラ材、他の部分にはカバベニヤを使用。2年以上も寝かせて自然乾燥させた木材は、まるでマグロの大トロをえりすぐるがごとく半分以上がカットされ、上質な木材だけが残される。

 厳選した木材により部品が加工され、組み立てられる。次はロボットによる塗装だ。防水のための塗装と研磨を繰り返し、8層のコーティングが施される。デザインは全24レース場+養成所の25パターン。

 塗装が完了した船体にステアリングフランジ(ハンドル部分)、フェンダーなどレースに必要な艤装品が装着され、最後に寸法や質量の検査が行われて完成となる。

 質量68~69キロ台(江戸川ボートは70キロ)で個体差200グラム以内に均一されたボートは、湿度50%の完成庫で保管された後、各レース場に出荷となる。

◇見学ツアー=ヤマト発動機を見学したい人、必見! まずは毎年1月に募集しているボートレース桐生のファンクラブ(年会費4000円)に入会すること。会員になるとダイレクトメールで工場見学の募集要綱が届くのだ。工場見学ツアーは毎年1回、秋口に行われており、なんと無料! 見学後はマイクロバスでボートレース桐生へ行き、実際にレースを観戦するスペシャルな一日となる。今年は12月6日開幕のGⅢ「オールレディース」開催中に行われる予定。まずはファンクラブ入会へ急げ!(詳細はボートレース桐生のホームページ参照)

☆たかはし・まい=1994年2月21日生まれ。神奈川県出身。2016年8月からボートレース桐生のイメージガール(イベントMC)を務め、現在ボートレースの猛勉強中。他にも企業イベントや展示会の司会、ナレーターとして活動。身長162センチ。スリーサイズはB80・W60・H82。血液型=O。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!