• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【桐生ボートGI赤城雷神杯】毒島誠 レースも釣りも肝は同じ!限られた舞台で結果を出す

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【桐生ボートGI赤城雷神杯】毒島誠 レースも釣りも肝は同じ!限られた舞台で結果を出す


テレビ企画でマグロを釣り上げた毒島

【桐生ボートGI・赤城雷神杯(14日開幕)注目レーサー】現時点で今年の獲得賞金は第17位(12日現在)。グランプリ戦線も佳境に突入した今、周囲をやきもきさせている毒島誠だが、意外にも表情は明るい。地元の赤城雷神杯を足場に反転攻勢はあるのか。ひそかに爪を研ぐ毒島に迫った。

 今年はここまでSG優出がゼロ。エンジン抽選もあるにせよ、仕上げ、特にプロペラに関しては不調だと言わざるを得ない。本人も「調子は良くないですね」と認めた上で「でも、仕事は充実してるんですよ」と白い歯を見せた。

「不調だからこそ試せることが、いろいろあるんです。調子がいい時は冒険しなくなるから…。そういう意味で今年は(試行錯誤できて)充実しています。正解? 出ることもありますよ。ただ、正解が出たのが一般戦の4日制だったり、そのへんは巡り合わせもありますからね」

 研さんの日々に身を置く近況だが、今回は地元水面での戦い。過去3年間で14節走って予選落ちは1回のみ。一昨年の59周年ではVと、いやが上にも主役の期待は高まる。しかし「桐生は一番好きな水面。でも、一番難しい水面でもあるんです」と意外な告白。8戦6勝で制した59周年も「すごく出てたわけじゃないんですよ」と振り返った。知り尽くしているからこそ、完璧を目指してより繊細になる。この感覚に陥るのは地元主力の宿命なのだろう。

 さて、厳しい状況で地元周年を迎える毒島だが最近、大仕事をやってのける予兆があった。9月のとこなめ64周年に参戦する前、趣味の釣りでマグロを釣り上げたのだ。

「マグロは一昨年、去年と、針にはかかったのに逃げられたんで、3年越しの悲願達成でした。111センチ、23・5キロ。釣り上げた時はグランプリ級のうれしさでしたね」

 実はこの釣り、某メディアが毒島と俳優・哀川翔さんとのマッチングで企画したもの。この話をとこなめの整備場で聞いていた市川哲也が「そんな注目される状況で釣ったんじゃ。お前、持っとるの~!」と目を丸くする一幕があった。

 市川といえば、01年多摩川「メモリアル」でSG史上初の完全Vを成し遂げた現役のレジェンド。伝説の男を驚嘆させた毒島にはやはりスター性を感じないわけにはいかない。

 苦境の中で蓄積されたノウハウが実を結ぶ時、見る者の目をくぎ付けにするあの圧倒的な機動力が復活する。“持っている男”毒島の大マグロ(GP)捕獲への序章が、ここ桐生から始まる。

☆ぶすじま・まこと=1984年1月8日生まれ。群馬支部92期生。2003年5月に桐生でデビュー。06年9月の鳴門で初優勝。GⅠは10年1月の浜名湖「新鋭王座決定戦」での初優勝を皮切りに通算6V。13年8月まるがめ「メモリアル」でSG初制覇を果たした。最高勝率は15年後期の8・52。赤城雷神杯は15年(59周年)に優勝している。身長163センチ。同期に浜崎直矢、松村敏、大峯豊らがいる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!