【蒲郡ボート・GIヤングダービー】元プロ雀士・白河雪菜が場内&グルメをご案内!

2017年09月17日 11時00分

名物・かき揚げ丼を紹介する白河雪菜

【ボートレース蒲郡・プレミアムGⅠ「第4回ヤングダービー」カウントダウンコラム(3)】19日に開幕するプレミアムGI「第4回ヤングダービー」――。今大会の舞台となるボートレース蒲郡は新スタンドにリニューアルされて約3年半が経過。お一人様はもちろん、カップルやファミリー、誰もが快適に過ごせる新空間は居心地抜群で観戦スポットも多種多様だ。そこで「全国24場の中で最もデートに向いている」と話す元プロ雀士の白河雪菜さんにオススメご当地グルメ等々、蒲郡本場内をナビゲートしてもらった。

 私は全国24場すべてに足を運びましたが、ボートレース蒲郡が「最もデートに向いている」と思っています。ナイター場特有の雰囲気の良さもあるのですが、何よりスタンドがきれいでとってもおしゃれ! 今回ご紹介しているのは全178席の観覧席「ムーンライトシート」。ネーミングもすてきですね♪ 見やすいモニターが全席に設置されており、フリードリンクサービスもあります。1日1500円で利用できるなんてお得ですよね。

 さらに、かわいい制服を着た「ムーンライトガール」のみなさんが優しくアテンドしてくれますよ。初心者の方には、舟券購入の仕方なども教えてくれるそうです。快適なシートで、思う存分レース観戦を楽しんでくださいね!

 次に、場内グルメをご紹介しますね。ボートレース蒲郡といえば、名物・かき揚げ丼!

 フードコート内「蒲郡漁港食堂」さんで購入できます。4種類の海鮮ネタが入ったかき揚げの厚さは3センチ以上! はじめは、重厚なボリュームに圧倒され、食べきれるのか不安になりましたが…。カラッと揚がったかき揚げは具だくさんですが、食べ飽きることもなく、甘じょっぱいタレがご飯に素晴らしく合うので、どんどん箸が進みます。

 お値段も税込み500円とコストパフォーマンスも最高! みなさまもぜひ召し上がってみてください。

 レース場に来たらやっぱり、水面際でたっぷりとレースの迫力を感じたいですよね! ボートレース蒲郡には1マークでの熱い攻防を身近に感じられるよう「スプラッシュゾーン」が設けられています。

 水面にせり出すような形で、いわば砂かぶりならぬ“水かぶり”!?で観戦ができるので、いつもとは違った角度からレースを楽しめます。展示航走時には選手それぞれのターンフォームもばっちりチェックできますよ。

 またナイター場の良さのひとつは昼と夜で全く異なる雰囲気を味わえること。

 まだ体験されてない方はぜひ明るい時間帯と暗くなってから、それぞれここで観戦してみてください!

☆しらかわ・ゆきな=1988年2月3日、東京都出身の29歳。豊島岡女子学園高校卒業、早稲田大学法学部中退。競技マージャンの元プロ雀士で、現在はJLC「BOATRACE TIME」のキャスターも務めている。血液型=B。

関連タグ: