• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレーサーのイチ押し!】秋山直之の宝は「金井秀夫さん」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレーサーのイチ押し!】秋山直之の宝は「金井秀夫さん」


金井夫妻と一緒に笑顔の秋山(左)

【ボートレーサーのイチ押し!】ボートレーサーの宝物や思い出の品などを紹介する好評企画。今回はボート界屈指のスピードターンを誇る秋山直之(38=群馬)が登場だ。これまで数々の逸品、場所などを写真で紹介してきたが、超個性派レーサーらしく連載初の「人物」をイチ押しに挙げた。

「自分の人生としての宝物だったら家族、両親、家、車…と幾つも思い浮かびますが、ボートレーサーとしての宝物といえば、それは『金井秀夫さん』です。宝物ではなく“宝人”ですね」

 そう言って提供してくれた1枚の写真。2010年12月に65歳で引退した元GⅠレーサー・金井秀夫さん(72)が、その妻・キクエさんと一緒に笑顔で写っている。今年8月の地元桐生のお盆レースで優勝した翌日に撮影したものだ。

 まだ持ちペラ制だったペラグループ全盛時代、あえて一匹狼を貫いていた秋山に歩み寄ったのが金井さんだった。

「大先輩の金井さんの方から声をかけていただき、そこからずっとお世話になっています。とても気楽に話しかけられる風貌ではなかったので初めは話をするのも恐る恐るでしたが、常に優しく親切に教えてくださいました。レース、人生、哲学…。おかげで地元の記念も勝つことができました。今も仕事で悩んでいる時に『ここに金井さんがいてくれれば…』『金井さんに相談したい…』と思う時が多々あります」

 引退後も常に秋山のレースをチェック。いいレースをした時は喜び、悪かった時は「次、頑張れ」と声をかけるという。

「優勝すると、奥さんは同時刻くらいに『おめでとう!』と自宅に連絡を下さります。だから自分は精一杯頑張ろうと思えます」

 覚悟と信念を持って孤高を貫く秋山の宝は「モノ」でなく「人」。ここに人間・秋山の本当の姿がある。

☆あきやま・なおゆき=1979年4月13日生まれ。群馬支部の83期生。本栖研修所の卒業記念レースで優勝。98年11月の桐生でデビュー。2001年4月の平和島で初優勝。デビューから3年3か月後の02年2月の多摩川「関東地区選手権」でGⅠ初V。05年1月の新鋭王座決定戦を制覇。通算54V(GⅠ・5V)。身長169センチ。血液型=B。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!