• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】「セット交換」と「追加配分」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】「セット交換」と「追加配分」


【舟券的中への近道 ボートレースアカデミー】

<セット交換>一昔前、いやいや、つい最近までは、こんな言い方、呼び方はしていなかったはずだけど…。記者が年を取ったのでしょうか? 意訳すれば“組み合わせ”ごと交換、となるのでしょうか。

 そもそもはオートレースの選手コメントに使われていたと記憶しています。それがボート界にも流入してきたのだと思われます。

 エンジン本体の“心臓部”となる、シリンダーケースとその中にあるピストン、ピストンリングをそのまま、総取り替えすることを、こう呼んでいるようです。

 ここは「心臓部」とも言えるエンジンのパワーを生み出す動力源で、このケース内で気化したガソリンを爆発させてプロペラを回して、推進力とするため、まさに“肝心要”の部分です。

 ピストンリングのみ、とか、ピストンだけの交換といった整備は、少なくありませんが、シリンダーケースの交換は「大きな整備」、いわゆる“大手術”のレベル。手間も暇もかかるし、なかなか着手しないモノです。

 この整備を施したとなれば、イチかバチかの勝負に出た、とみるのもアリかも。もちろん機力が良化するかどうかは、定かではないですが、一発勝負、もしくは苦肉の策といったところでしょう。当たれば“ガラリ一変”の可能性も秘めているのは間違いありません。

<追加配分>たまに選手が「追加が入った」「今節は追加なので…」などとコメントすることがありますが、このときに使われる“追加”という言葉がこの「追加配分」(略して追配=ついはい)を指します。

 まさに言葉通り、追加される配分のことで、ボートレースにおける配分という言葉が一般的な「仕事」にあたるので“追加の仕事”ということになりましょうか。

 各レース場での開催にあたっては、出場選手のケガや病気、その他もろもろの事情によって出場を取りやめる欠場選手や途中帰郷選手が発生して、人員が不足することもしばしば。番組編成に支障が出るケースも少なくありません。

 こんな場合に開催施行者が、日本モータボート競走会に選手の補充を要請すると、これを受ける形で日本MB競走会のあっせん課がスケジュールの空いている選手を見繕って当該選手に追加あっせんを出します。これに選手が「OK」の返事をすれば成立となります。

 追加をもらった選手は当然、その分、手にする賞金や手当が増えるので、稼ぎたい選手にはうれしい限りです。また出走回数不足の場合や事故点を消化したい選手にとっても貴重なチャンスとなりますね。ちなみに、いくら暇とはいえ、F・L休み(あっせん辞退期間)やあっせん停止中の選手には追加配分はありません。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!