• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【目指せ!ヤングダービー】高田ひかる 躍進の原動力は練習とトランポリン

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【目指せ!ヤングダービー】高田ひかる 躍進の原動力は練習とトランポリン


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

高田ひかる

【高田ひかる(22=三重・113期)】ヤングダービー世代にスポットを当てた好評企画「U―30の咆哮」――。今回は新進気鋭の女子レーサー・高田ひかるを取り上げた。弱冠22歳ながら近況、急成長を遂げている期待のホープだ。

 地元津のファンなら一度は目にしたことがあるだろう。津ではレース直前に様々なVTRが流れるが、その中で他の若手と一緒に、海岸清掃活動のボランティアの様子を愛くるしい笑顔でPRしているのが高田だ。

 ピット内でも常に笑顔の人気者だが、ここにきての成長は目を見張るものがある。16年後期適用勝率3・55から17年前期勝率は4・77に大きくジャンプアップ。

 特にここ3か月の上昇度は素晴らしいものがあり、10月の2節(津ヴィーナス、三国Aレディース)はいずれも準優進出を果たして、軽く勝率5点を超えている。

 その躍進の原動力となったのが熱心な練習とトランポリンだ。

 前述の津最終日では3コースの選抜戦こそ1着だったが、前半6Rではイン戦を落として5着。人気に応えられなかったのがよほど悔しかったようだ。「レースでここがダメだったというところをすぐに復習できるんです」と、次節の前検日にはさっそくイン戦の練習に取り組んでいた。

 トランポリンは母親の勧めだったそうだが、これにより体幹が強化された。「これまでより艇が安定するようになってコケなくなりました。握れるようにと思ってやってたんですが、差しもできるようになったのが大きいです」とのこと。

 また、女性にとってはうれしい効用もあり、デビュー当時の52キロから45キロへ、ダイエットに成功。「出足がないと思ってペラを叩いていたけど原因はペラだけじゃなかったですね。減量の効果は大きいです」と舟足の向上にもつながった。

 もともと「最後まで諦めないのが自分の強み。諦めない気持ちは誰よりも強く持とうと思ってます」とハートの強い高田だが、様々な相乗効果もあって、特に最近は追い上げるレースが多く、勝率アップにつながっている。

 今後の目標も大きい。師匠の本部めぐみ(旧姓・西村)が持っているレディースチャンピオンの最年少優勝記録(24歳3か月、98年第11回三国大会)の更新だ。

「レディースCに出たこともないのに何をいうかという感じですが(今年8月津の)優勝戦を生で見て、自分もドキドキしたし、ここに立ちたいと思いました」と現場の緊張感を目の当たりにしたことで決意を新たにしている。

☆たかだ・ひかる=1994年8月5日生まれ、三重支部所属。2013年11月、津デビューの113期生。15年3月まるがめオールレディース戦で初1着。優出、優勝はなし。同期は同支部の春園功太、中山将のほか、椎名豊、佐藤博亮、小城千奈ら。身長157センチ、血液型=A。

※次節出走予定…津オールレディース戦(12~17日)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!