【徳山ボートGⅠ・徳山クラウン争奪戦】2M側での逆転劇が目立つ

2016年10月08日 11時54分

【徳山ボートGⅠ・徳山クラウン争奪戦(9日開幕):徳山の水面】内海の笠戸湾に面した海水プール。1M側に風を遮る太華山がそびえるため、緩やかなホーム追い風が吹くことが多く終日穏やかな水面コンディションだ。最近の水面の特徴としては2M側での逆転劇が目立つ。特に満潮時はうねりが残るため、1周バックで抜け出したとしても差し逆転を許すケースがある。また、水面が囲まれた地形であるため、湿気がこもりやすく、前検時は選手間では「重たい」「回らない」の声が多く聞かれる。実戦を視野にどう対処するか、手腕が問われる。