• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボート】西山貴浩 成長するために桐生SGメモリアルの走りを反省

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボート】西山貴浩 成長するために桐生SGメモリアルの走りを反省


【貴浩西山のキャビらない話】皆さんいかがお過ごしでしょうか? 9月に入って暑さも和らぎ、2週間前に私が嫁についたウソも和らいできています。それにしても今年の8月は例年以上にスポーツ界が熱かった! 日本人が大活躍したリオ五輪、作新学院が優勝した甲子園。そして、ボート界でもSGメモリアルが桐生で開催され、菊地孝平選手の優勝で幕を閉じました(私はそっと目を閉じました…涙)。

 そのメモリアルに「ボートレース若松代表」として出場させていただいたのですが…無念です。準優敗退(6着)で優勝戦に進めませんでした。応援してくださった皆さん、推薦してくださった若松の関係者の方々、本当にすみませんでした。

 さて、テレビの前で手に汗握って見た作新学院の優勝から2週間後、私の目の前には手にすし握る光景がありました。実はメモリアルを走り終えた夜、瓜生正義さん、川上剛さん、西山、池永太、篠崎兄弟(元志&仁志)の福岡支部6人で打ち上げに行ったのです。誰も優勝戦まで進めず、焼き肉を食べながら傷のなめ合い、文句の言い合い(笑い)。ボクはそれだけでは足りず、悔しさのあまり同期の(池永)太ちゃんと築地の「すしざんまい」へ行って朝まで反省会をしたのでした。

 来年のメモリアルは今回ボクを選んでくださった地元の若松で開催されるのです! 何がなんでも出たい! すしざんまいのカウンターで、2人して「来年こそは」(毎回言ってるのですが…)と誓い合いました。さしずめ今回のボクらは「すし惨敗」ですが…。ちなみに、太の目標は「すしざんまい」築地店の次期店長。来年のメモリアルは「すしざんまい推薦」の枠を狙っております。

 しかし、人間という生き物は愚痴や傷のなめ合いだけでは成長しません。成長するにはまず「反省」しないといけません。そこで、ボクは今回のメモリアルの自分の走りを冷静に振り返り、反省したいと思います。

 まずは予選の1号艇で逃げられなかったこと。ボクはボートレーサーとしてインに対してはこだわりがあります。それなのに負けてしまった。しかも、まくり差してきたヤツがやっぱり…篠崎弟(仁志)。あ~、嫌い! 嫌い! 大嫌い!

 その後、なんとか予選突破できましたが、準優戦は2周1マーク(※2着のチャンスも原田幸哉の不良航法のあおりを受けて大敗)がすべてでした。幸哉さんの失速…嫌い! 嫌い! 大嫌い! うん? これは反省か? 人のせいにしているだけ? それとも単なる悪口? 若松関係者の皆さん、こんなボクをまた来年もお願い致します。

 さあ、グランプリまで残り4か月を切りました。最低でもグランプリシリーズには出場できるように、これから西山は頑張りますよ。今月はボクにとって最後のヤングダービー(とこなめ=20日開幕)がありますから。まずはそこで優勝をもぎ取ってこようとたくらんでおります!

☆にしやま・たかひろ=1987年5月15日生まれ。福岡支部の97期生。2005年11月の若松でデビュー。08年9月の若松で初優勝。通算19V。GⅠ、SGの優勝は未経験。15年の獲得賞金は4107万円。座右の銘は「笑う門には福来る」。家族は千晴夫人と1男1女。身長170センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!