【秘蔵ショット】産休中の浜田亜理沙「以前よりパワーアップした姿を見せます」

2016年02月03日 10時00分

新しい家族を迎えての幸せな正月風景(左は夫・中田竜太)
女子レーサー 初公開!秘蔵ショット

【浜田亜理沙(27=埼玉、104期)】昨今の女子ボート界は“出産ラッシュ”に沸いている。今回紹介する浜田亜理沙(27=埼玉)もその一人。現在、産休中の彼女が久々に本紙に登場! その元気な姿とともに、1人増えた最愛の家族を初公開してくれた。

 昨年3月のレースを最後にファンの前から姿を消していたが、実は昨年11月10日、夫・中田竜太(27=埼玉)との間に待望の第1子が誕生! 今回、その近況報告とともに今年の初詣の写真を提供してくれた。

 男性ファンから絶大な人気を誇るクールビューティー。出産した後も美しさは相変わらず。その胸に抱く愛息子・瑛仁(えいと)君、隣に寄り添うイケメンレーサーの夫…絵に描いたような幸せな光景が写っている。

 出産の瞬間を「自分の体から子供が生まれたのは不思議な感覚でしたが、顔を見たときは感動しました」と振り返る彼女。だが、感動はこれで終わらない。

 出産の翌日に福岡一般戦に向かった夫・中田はナントそのシリーズを優勝。「自分にプレッシャーをかけました。こんなことがあるんですね」と目に見えない不思議なパワーを感じていた。

 現在は育児に奮闘中。

「1か月がたつまでは授乳間隔や生活リズムがつかめず寝不足でフラフラ。でも、今は育児を少し楽しめるようになりました」

 気になる復帰戦については「まだ時期を考えてませんが、復帰したら以前よりパワーアップした姿を見せれるよう頑張ります」と青写真を描く。

 出産後に強くなる女子レーサーは多い。男性には耐えられぬ痛みを経験し、生きる上で「覚悟」ができるのだろう。彼女も恐らく、我々の想像を超える強さを見せてくれるに違いない。

☆はまだ・ありさ=1988年3月19日生まれ。広島出身。埼玉支部の104期。2009年5月の宮島でデビュー。12年2月の児島で初優勝。同年7月にGⅠレディースチャンピオン初出場。12年後期に初A1昇格も以後は事故とF禍でB級暮らしが続く。夫は同期の中田竜太。通算3V。身長161センチ。血液型=B。