• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】「足合わせ」と「キャリアボデー」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】「足合わせ」と「キャリアボデー」


舟券的中への近道 ボートレースアカデミー

【足合わせ】レースの合間の試運転中に選手同士が並走して足色を確かめること。直線の伸び、回った後の出足などを他人と比較することで「自分は出ているか」「どこが弱いのか」を把握できるため、多くの選手が行っている。

 エンジンが出ているときは積極的に足合わせし、他艇をやっつけテンションを上げる選手もいるが、その一方で普段から足合わせをしない選手も存在する。

 ある若手SGレーサーは「僕は一人で試運転して感触を確かめるタイプ。エンジンが出ているときは自分の足がバレたくないし、逆に芳しくないときは足合わせで負けて自信がなくなるのでやりたくないんです」と言う。「人と比較するとそればかりにとらわれて調整がおろそかになるからやらない」というのは某中堅女子レーサー。「でも試運転中に誰かが合わせにきた場合は、断ると感じ悪いのでやりますけど(笑い)」と打ち明ける。

 足合わせの結果はエンジンの仕上がりがモロに出るため、舟券を購入するファンにとっても有益だ。レース直前に行われるS展示や周回展示とは違い、実際にレース場に来ないと見ることができない。

 足合わせする2艇をチェックすれば機力相場把握の目安になるので、ぜひチェックすることをお勧めする。

【キャリアボデー】昨年11月から部品交換情報が発表されるようになったエンジン下部のこと。これまでは交換公表はされなかったが以前からファンの強い要望があり、より充実した情報提供を行う目的で追加された。

 このキャリアボデーは排出ガスの通り道で、ベテラン整備士によれば「交換すると排気効率が変わり、劇的に良くなることがある」とのこと。

 低調機を引いた選手がいろいろな整備をしても一向に良化せず、最終手段としてイチかバチか交換するケースがある。もちろん絶対に良くなる保証はないが、実際に見違える足になった例は多々ある。

 2002年の平和島SGクラシックで野沢大二を優勝に導いたお化けエンジン「36号」はキャリアボデー交換が伝説の始まり。10年3月の戸田GⅠ53周年記念Vの平石和男は準優戦前に交換して激変。優勝戦で対戦した井口佳典が「あの足は何ですか?」とあきれたほどで、その後に同エンジンに乗った桐生順平は「レーサー人生で一番出ていた」と証言した。

 ちなみに「ボディー」でなく「ボデー」と表記されるのは「デズニーランド」並みに違和感あるが、ヤマト発動機の担当者は「昔から慣習として通っている正式名称なんです。当時、英語を無理やりカタカナにした名残でしょう」と説明。なんとも時代を感じさせる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!