【徳山ボートGⅠ徳山クラウン争奪戦】2日目ドリーム戦は絶対王者・松井繁を信頼

2016年01月25日 11時56分

【徳山ボートGⅠ徳山クラウン争奪戦(26日開幕)2日目ドリーム戦展望】絶対王者・松井繁がインにどっしりと構える。昨年はSGタイトルこそ逃したが、GⅠはびわこ、平和島の両周年記念と2つのタイトルを手中にしている。ここはイン戦を信頼の一手だ。

 浜野谷憲吾、吉川元浩に往年のパンチ力は感じられず、対抗格は地元の白井英治。昨年はF休みでリズムをつかみ切れなかったが、年間通して出場すれば結果は違ったはず。

 今大会にかけるモチベーションで言えば田村隆信が一番だろう。昨年はF禍で記念戦線を離脱。7月のSG地元・鳴門オーシャンC出場のためにも一戦一戦が勝負駆けとなる。

 また篠崎元志は最も勢いのある選手の一人。当然争覇圏内だ。