• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【目指せ!ヤングダービー】宮本夏樹 差し屋から握って回る二刀流に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【目指せ!ヤングダービー】宮本夏樹 差し屋から握って回る二刀流に


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

A級復活を目指す宮本

【宮本夏樹(28=長崎・102期)】 今年も残り2か月を切り、新世代の台頭が著しいボート界。来年度に向けて各選手はしのぎを削っている。今回はイケメントップレーサートップ100で42位タイに入った実績がある宮本夏樹にスポットを当てる。

 下を向いていられない。ここからの逆襲に燃えている。16年前期で3期続いたA2から陥落、B級に逆戻りしてしまった。ただ、本人に悲観するそぶりはない。状況も冷静に分析できている。「自分的には期の後半から尻上がりに上げていくタイプ。ただ、これから調子を上げていく時に3年ぶりのFをしてしまった。あとはズルズルといってしまって…。でもちょっとずついい兆しは見えてきました」

 もともとは自在にさばいていくタイプ。言い換えればそつなくまとまっている。この状況を打破するためにあることに取り組んだ。「乗艇スタイルを変えたんですよ。自分は差しがメーンだった。新鋭の時からスピードはないと僕自身が思っていた。それで消極的なレースが多かった。もっと握って積極的にレースをつくりたい。まだ、モノにしてないですけど、選択肢が広がることはプラスになる」

 こう考え始めたのは同期で同支部の2人の存在が大きいという。「自分の登録番号が桑原悠と滝川真由子に挟まれていて、いい意味で刺激になっています。この2人には負けたくないですね」

 笑顔の裏に闘志が燃えている。そんな宮本もデビュー当時から欠かさず行っていることがある。「自分の走ったレースは録画してもらい毎回チェックしている。これは今もやってますね。いいレースした時とショボいレースを見比べて勝つための材料にしています」

 まずは結果を出すことが先決だ。

 それは来年のヤングダービー出場にもつながってくる。

「1回落ちたら上がるしかない。今までやれてたことをやれないことはない。技量を上げること、伸びシロはあると思っている。まずはA級復帰へ勝率を稼ぎたい。まだウエスタンヤングの権利も持ってないのでやるのみです」

 有言実行を遂げて、もう一歩新たなステージを目指している。

☆みやもと・なつき=1987年7月21日生まれ。長崎支部。2008年5月大村一般戦でデビュー。その節の3走目に初白星で水神祭を挙げる。09年8月大村一般戦で初優出(4着)。通算9優出で優勝はなし。身長174センチ。同期(102期)は桑原悠、滝川真由子、山田康二、樋口由加里、遠藤エミ、前田将太ら。血液型=A。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!