【新鋭王座】坂元浩仁が予選トップ通過

2012年09月28日 18時47分

【徳山GⅠ新鋭王座決定戦】

 

 3日目を終わった時点で、得点率トップには茅原悠紀、坂元浩仁、井上大輔の3人が並んでいたが、28日の4日目は坂元が1走をイン逃げで勝ったのに引き換え、茅原、井上の岡山勢が崩れてしまった。その結果、坂元が2位の佐藤翼に1点以上の差をつけトップ通過を決めた。

 

 その坂元は「足はいいけど、3日目の後半の方が良かったですね。そこに近づけるように再調整します。Sは大体勘通りなので、インからしっかり行きます!」と気合い十分。

 

 卒業期に当たるため今回がラストの王座となるが、悲願の優勝までマジック2となった。