【浜名湖ボート・GⅢオールレディース】通算1000勝が見えてきた堀之内紀代子「暖かいうちに決めたい」

2022年06月29日 23時30分

堀之内紀代子(東スポWeb)
堀之内紀代子(東スポWeb)

 ボートレース浜名湖のGⅢ「オールレディース HamaZoカップ」が30日、開幕する。前検日の29日は向かい風が9メートル前後吹き、白波が立つほど荒れ水面となった。多くの選手は「この水面では全然分からない」と険しい表情だった。

 初日12Rドリーム戦の5号艇で登場する堀之内紀代子(42=岡山)が近況好調だ。2節前の戸田では節一パワーを発揮して初日から無傷の8連勝と大暴れ。準優2着となり、優勝は逃したが次節の尼崎でもしっかりV戦に駒を進めて連続優出中と好調だ。

 戸田では8連勝、尼崎では4走目から準優まで7戦6勝と白星量産態勢を築いており、あと14と迫った通算1000勝も視野に入ってきている。「冬は寒いから(水面に)飛び込みたくないので暖かいうちに決めたいですよね」と笑いながら語る口ぶりも実現間近の水神祭を思い描いてのものだ。

 今節引いた2連率41%の14号機は初下ろしからコンスタントに動いており、前検気配も上々。「この荒れた水面の割には思っていたよりもしっかり乗れたし、下がることはなく悪くなさそう」と再び快進撃にも期待できる。

 5月1日から2023年前期の級別審査期間に入り31戦して15勝。1着率48%と最近の攻撃力増強度は目を見張るものがある。

【関連記事】

関連タグ: