最後の新鋭は平常心で臨むことが全て

2012年09月23日 15時00分

 25日に開幕する徳山GⅠ「第27回新鋭王座決定戦」まであと4日に迫った。新鋭戦「卒業組」にとっては泣いても笑ってもこれが最後の戦い。そんなレーサーにスポットを当てた恒例の直前企画の第2弾はV候補の一角を担う西村拓也(25=大阪)だ!

 

「実はあまり覚えていないんです。エンジンは出てなかったと思う。それと全体に何か雰囲気がおかしかったですよね」

 

 今年1月に芦屋で行われた前回大会(準優敗退)について、西村はこう振り返った。確かに節間は雪交じりの強風が吹き荒れ、スタート事故も頻発。地に足がついていない選手も多く見られた。

 

「新鋭リーグだと変に気負ったりする選手いるじゃないですか。実は自分も舞い上がりやすいタイプ(笑い)。なので、とにかく平常心で臨むこと。これが全てだと思う」勝負事における平常心は“割り切り”と言い換えることも可能。

 

 このタイトルを足がかりに一気にSGレーサーにまで駆け上がった同じ大阪支部の兄貴分・石野貴之(第21回大会V)に続けるか。そのカギはメンタルにありそうだ。

 

 

<にしむら・たくや>1986年12月1日生まれ。大阪府在住。2006年5月に住之江でデビュー。3年後の09年6月に住之江で初優勝。強豪ひしめく近畿地区で10、11年と2年連続でGⅠ近畿地区選手権に出場している。身長164センチ、体重51キロ。98期の同期に平山智加、松田祐季ら。血液型=A。