【桐生ボート・東京スポーツ杯】伏兵・渡辺史之が2日目1、2着と好走「ノーハンマーです」と機を信頼

2022年04月17日 23時26分

2日目1、2着と好走した地元・渡辺史之(東スポWeb)
2日目1、2着と好走した地元・渡辺史之(東スポWeb)

 ボートレース桐生の「第25回東京スポーツ杯」は17日に予選2日目を開催。18日は予選3日目を迎える。

 ここまで飯山泰が3戦2勝1着1本と快走を披露し戦線をリードする。「足はいいです。準優に乗れる足ですよ」と60号機のパワーに自信をのぞかせる。

 地元・渡辺史之(43=群馬)の動きも警戒だ。2Rは2コースから先まくりで白星奪取。6号艇の6Rは5コースから握って2着に入った。「いい人と比べると分かりませんが、(機率)23%という感じはしないですね。それ以上はある感じ。乗りやすいし、どの足も悪くないですよ」と好感触をつかんでいる。

「いつも桐生は余計なことをして悪くするので、もらったまま。ノーハンマーです。結果が出てるし、このまま行く」とエンジンを信じて3日目も結果を出すつもりだ。

【関連記事】

関連タグ: