【宮島ボート・ヴィーナスS】深川麻奈美が逆襲の2、1着 当地は「得意なイメージないけど…」

2022年03月14日 23時45分

宮島とは好相性の深川麻奈美(東スポWeb)
宮島とは好相性の深川麻奈美(東スポWeb)

 ボートレース宮島のヴィーナスシリーズ第23戦「第7回マクール杯」は14日に予選2日目を終了。序盤戦を終えて浜田亜理沙がただ1人、3戦オール2連対で快調に飛ばしている。

 初日6着大敗から2日目に2、1着と巻き返しに成功したのが、当地4連続優出中と好相性を誇る深川麻奈美(35=福岡)だ。相棒の32号機は前節2回転覆し、ギアケースとペラが替わって慌ただしい調整作業が続いてただけに、ようやく成績がまとまってホッとひと息の様子だ。

「上がり切ってしまえばいいけど、まだいつもの起こしの感じではないですね。それでも、何とか結果が出たので、ここからモチベーションを上げていきたい」と3日目以降のさらなる反撃を狙っている。

 宮島は4連続優出中の好相性水面で今節メンバーの中でも一、二を争う巧者だ。「自分では皆さんに言われるほどそこまで得意なイメージはないけど、水質が合うのか、いつも成績がいいんですよね。今回もそうなるように頑張りますよ」と満面の笑みを浮かべていた。

【関連記事】

関連タグ: