• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】グリップ感と出力低減エンジン

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】グリップ感と出力低減エンジン


舟券的中への近道 ボートレースアカデミー

<グリップ感>ここ5~10年の間に急激に使われだした言葉でいまや選手コメント欄にも頻繁に出現するが一体どんな意味なのか?

「grip(グリップ)」を和訳すると「しっかり握る、つかむこと」。つまりボートレースにおいては「ボートが遠心力で外に流れないように、水面をしっかりとつかんでいる感覚」を示す。

 とはいえ素人はピンとこないだろう。そこでベテラン三角哲男に「ファンにも分かりやすく教えてください!」とお願いすると「簡単だよ。車を運転している感覚を考えてみなよ」と説明してくれた。

「例えばカーブを速いスピードで曲がるとき、車体ごと(外側に)持って行かれる感じになるでしょ。でもいいタイヤだとグッとかかるよね。あの感じがグリップ感なんだ」

 岡山の記念レーサー・荒井輝年は雪道に例えて「ノーマルタイヤだとツルツル滑るけど、スタッドレスだと地面をつかむ感じになるでしょ。あれですよ」と解説してくれた。また埼玉支部長・須藤博倫は「スキーをやる人は分かると思いますが、コーナーのエッジと一緒です」と言う。
 つまり、グリップ感があると各コーナーでの攻防をしっかりと捉えることができ、逆にグリップしないと流れて失敗ターンになってしまう。レースを左右する重要な予想ファクターなので、コメント欄に出てきたら要注意!

 ちなみに同じニュアンスで「かかり」という表現もあるので、これを機に覚えておこう。

<出力低減エンジン>昨年末から全国のレース場で順次導入されている新型エンジン。正式名称は「ヤマト331型」で、媒体によっては「低出力エンジン(モーター)」とも表記される。ボート面にもたびたび出現するフレーズなので、いま一度おさらいしよう。

 現時点で別表の13レース場が導入。旧型に比べて最高出力が1馬力、低減されたことで「突発的な接触事故の衝撃緩和」「人身事故の防止」に機能するとされるが、レースおよび舟券にどう影響するのか? 新型機に乗った選手を取材すると、大きく3つの意見に集約された。

 (1)回った後の足が弱い
 (2)乗り心地に違和感
 (3)スタートが届かない

 出力が落ちたので(1)は当然の感想だろう。従来の感覚と微妙な差異が生まれるため、調整面で四苦八苦する多くの選手は(2)を口にする。中でも顕著な意見が(3)だ。

 実際、記念級の選手でも出力低減エンジンの1走目にスタートで大きく遅れるケースがままあり、一度経験した選手でも直前シリーズが旧型の場合はその感覚が抜け切れず、S勘が微妙に狂う現象が起きている。

 年内に全レース場で新型に切り替わり、いずれは調整面の正解も出るだろう。だが、移行期間中の現在は明らかに経験者が有利。舟券購入の際は「狙った選手が新型機を経験済みか?」をチェックするのも必要だろう。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!