【睦月のヒロイン~今月の注目女子レーサー】ママとなった土屋南「旦那が良くなって嫁が良くなければ話にならない」

2022年01月01日 12時00分

「ママさんレーサー」として注目を集めている土屋南(東スポWeb)
「ママさんレーサー」として注目を集めている土屋南(東スポWeb)

◇土屋南(24)岡山支部119期

 当コラム第1回以来1年8か月ぶり2度目の登場。前回は新進気鋭の女子レーサーとしてスポットを当てたが、現在は結婚、出産を経て「ママさんレーサー」として注目を集めている。

 11月の津ヴィーナスシリーズで復帰して優勝戦に駒を進めた。続く12月のまるがめGⅢオールレディースでは予選敗退も節間3勝をマークするなど、しっかり存在感をアピールしている。

 ただ自身の感覚は「復帰して津で優出できたけど、こわごわ乗っていますね。レースの感覚が頭で分かっていても体が追いついていかない。ワンテンポずれているんですよね。徐々に自分のいい時に戻していきたいです」と、まだまだ復調途上だ。

 昨年9月の結婚発表後、夫の佐藤翼は10月・大村ダービーでSG初優出。今年も5月の若松SGオールスターで優出、10月には児島69周年記念でGⅠ初V。「頑張って結果を出した。頑張っている姿をずっと見ていたので、すごくうれしかったです。旦那が良くなったのに嫁が良くなければ話にならない。悔しいから頑張ります」と夫の活躍が発奮材料となっている。

 ボートレーサーとしてだけではなく妻、母としての顔を持つようになった。「レーサーと家庭の両立で難しいのはメンタルですね。私は寂しくなるので、すぐ会いたくなる。でも、なかなか会えないことが多くてメンタルを保つのが大変です。ただ、旦那さんは料理以外はメチャしてくれて、すごく助けられています」と結婚生活を明かす。

「まずA級に戻りたい。そして8月のレディースチャンピオンに行きたいですね。母となった土屋南も頑張るので応援してください」。結婚前と同じように明るく元気に今後の活躍を誓った。

〈土屋南・1月の出場予定〉
◇1月11~16日 児島ヴィーナスシリーズ
◇1月21~26日 福岡一般戦
 
☆つちや・みなみ 1997年1月25日生まれ。岡山支部所属の119期生。岡山県出身。2016年11月に児島でデビュー。17年7月のからつで初勝利。20年7月の住之江で初優勝。通算1V。夫は埼玉支部の佐藤翼。昨年9月に結婚を発表し、今年5月に第1子となる長男を出産。11月に復帰した。同期には井上忠政、黒野元基、西橋奈未ら。

関連タグ: