• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 先輩から「カメ」と声をかけてもらえるようになった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩から「カメ」と声をかけてもらえるようになった


ボート界のレジェンド 語り継ぎたい思い出の名勝負

広島のベテラン亀本勇樹

【亀本勇樹(53、広島・57期)】1995年 宮島「開設41周年記念」

 ボート界屈指の個性派であり、重量級強豪の代表選手でもあるのが広島のベテラン亀本勇樹(53)だ。体重とは裏腹に語り口は実に軽妙。唯一のGⅠタイトルとなったのは1995年の宮島「開設41周年記念」だ。

 SGや記念戦線に参戦するようになったのが今から25年前。デビュー当初は現在のように最低体重制限がなかった時代で、ピット内は常に殺伐としたムードが漂っていた。飲まず食わずで極限まで体重を絞り、レース場入りする選手も多数。

「今とは全然、空気が違うわな。みな殺気立っとったし、進入も展示と本番でガラッと変わることも当たり前やった。ペラを見せ合うようなことなんてまずないしね」

 デビューしてほどなくして内寄り主体のスタイルを貫くようになったが、記念戦線ではダッシュ戦を余儀なくされることも多かった。それが「心の余裕」をジワジワと奪っていく。

「新鋭(リーグ)や一般戦ではすぐに内を取ったけど、記念ではとてもコースは取らしてもらえん。レースでどう攻めるかよりも、まず自分がどのコースになるか全くわからんかったのがつらい。だから常に余裕がないんよね」

 GⅠデビューを果たしてから6年目に巡ってきた絶好のチャンスが地元の周年記念だった。メンバーは(1)福永達夫(2)芝岡春繁(3)亀本(4)林貢(5)烏野賢太(6)小林嗣政。

「林さんが外におったのが大きかったかなあ。無理してコースを取りにくるような人でもなかったし、このメンバーなら4カドが取れそうと思ってたし、実際にそうなった」

 イン福永が流れたところを4カドから艇間を鋭く割り差し強襲。読み通りの展開に体が瞬時に反応した。

「地元の記念を取れたことは最高の勲章やし、うれしいに越したことはないけど、不思議と感慨みたいなもんはなかったんよね。それよりあれを勝ったことによって、いろんな先輩からその後『カメ、カメ』って声を掛けてもらえるようになった方がうれしかった」

 公式プロフィルでは60キロだが、実際は57~58キロで走ることが多い。それは今も当時も変わらない。「周年を勝った時も58やからね。当時は宿舎にサウナがなかったもんやから湯船だけでそれ以上落とすのは無理(笑い)。ま、あってもそこまで落とすつもりはないけどね」

 来週14日にはプレミアムGⅠ児島「マスターズチャンピオン」の大舞台が待ち受けている。「若いころから無理な減量をしとらんから腰も大丈夫!」と高笑い。

 20年前のGⅠ戴冠時の写真は今とほぼ同じ58キロでも現在、どことなくほっそりとした優男に見えるのは、年を重ねた証拠でもある。

☆かめもと・ゆうき=1962年2月8日、広島県生まれ。85年、宮島でデビュー。89年6月の江戸川で初V。95年の宮島開設41周年記念でGⅠ初優勝を飾る。57期の同期には長岡茂一らがいる。身長163センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!