【丸亀ボート・GⅢオールレディース】初日ドリーム戦は大山千広が勝利も「足は良くない」 整備も視野

2021年12月08日 23時05分

大山千広(東スポWeb)
大山千広(東スポWeb)

 ボートレースまるがめのGⅢ「オールレディースmimika賞」が8日、開幕した。初日12Rの「1stドリーム」は3コースから握った中村桃佳(28=香川)にインの大山千広(25=福岡)が抵抗。5コースからまくり差した中田夕貴(29=埼玉)がバックで大山に並ぶ。だが、中田は内から突っ込んできた寺田千恵(52=岡山)と香川素子(44=滋賀)を2Mで抱いて回る格好となり膨らむ。そこをうまく差した大山が先頭に抜け出し1着を手にした。この日連勝を飾ったが「乗り心地はきたけど、タイムが出ていないし正味の足は良くない。時間があれば本体を組み直してみる」と機力の上積みに必死だ。

 また、2日目、12Rでは「2ndドリーム」が行われる。1号艇の松本晶恵(34=群馬)は初日9Rで1着。機力的にも「回り足が良さそう。伸びも悪くない」と舟足に不満のない様子。前節の多摩川GⅡ「レディースチャレンジカップ」では波に乗り切れなかっただけに、今回は結果を出したいところだ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ