【下関ボート・ルーキーS】序盤好発進の花本剛「流れが悪いので、今節で変えたい」

2021年11月29日 22時17分

完全復調を目指す花本剛(東スポWeb)
完全復調を目指す花本剛(東スポWeb)

 ボートレース下関の「ルーキーシリーズ第22戦 スカパー!JLC杯争奪 今村豊メモリアルプリンスカップ(オール進入固定)」は29日、予選2日目が行われた。

 ここまでの得点率トップは3、1、1着の吉川貴仁(28=三重)。前節の蒲郡ルーキーシリーズでも優勝しており、この勢いのまま突っ走りたいところだ。

 一方、同じくオール3連対ながら地元の花本剛(30=山口)は近況はやや不振だった。選手責任外ながら事故に泣く場面もあり「流れが悪いので、今節で変えたい」と前検日に語っていたが、自らの力で潮目を変えつつあるといえるだろう。

 舟足も上向いてきた。初日は乗り心地を課題に挙げていたが、「ボチボチ動いているし、悪くない。大きなことはしない」とすでに微調整の域だ。

 当然、ここまできたら準優進出はノルマの腹積もりだろう。3日目は試練の6号艇も回ってくるが、気迫の走りで大幅ポイントアップ→完全復調を狙う。

関連タグ:
 

ピックアップ