【浜名湖ボート・GⅠ浜名湖賞】伏兵・中村晃朋は「伸びより出足型」の調整で2日目終え3戦2勝

2021年11月11日 19時15分

中村晃朋(東スポWeb)
中村晃朋(東スポWeb)

 ボートレース浜名湖のGⅠ「浜名湖賞 開設68周年記念」は11日に予選2日目を終了した。

 GⅠ戦線では優出歴がなく、伏兵の存在である中村晃朋(30=香川)が3戦2勝と好調だ。2日目前半4Rで日またぎ連勝を飾って迎えた後半8Rは6コース発進で展開なく6着。連勝は止まったが、ここまでの航跡には納得している。

 2連率47%の4号機を駆り、序盤から動きは上位級だ。「すごく威張れるほどではないけど」と前置きしながらこう続ける。「ターン回りは47%の数字通りの感じで十分戦える。ただ、グイグイ出ていくことはなく、伸びられる人がいるのは仕方がないですね。本当に堂々と威張れるというのはそのへんの足がきてる時ですから」と解説する。

 出足型の仕上がりに「自分はこっちの方が好きだし、変に伸びを求めるよりはこの部分を落とさずにいった方がいい」と進むべき方向が定まっているのが心の余裕も生み出している。予選後半に向け、3日目9Rのセンター戦でさらに勢いをつけたい。

関連タグ:

ピックアップ