【浜名湖ボート・GⅠ浜名湖賞】中野次郎が高配当の使者に!「このエンジンを考えれば十分」

2021年11月10日 19時38分

中野次郎(東スポWeb)
中野次郎(東スポWeb)

 ボートレース浜名湖のGⅠ「浜名湖賞 開設68周年記念」が10日に開幕した。

 2日目(11日)の高配当の使者として11R6号艇で登場する中野次郎(40=東京)に注目したい。

 機率27%の33号機に前検の段階から「数字ほど悪くない」と手応えを感じていたが、実戦にいっても上々の動きを披露。初日の2走を3、5号艇で2、3着とまとめた。

 後半戦の11Rは2連対率51%の好素性機を駆る太田和美(48=大阪)と競り合いになったこともあり「相手が悪かった」と機力差を感じていたが悲観の色はない。「行きたいところに行けたし、このエンジンを考えれば十分。後はレースに集中するだけですよ」と余裕も漂っている。

 2日目11Rのメンバーを見渡して「ここはなかなか(機力的に)いいですよね。また外からになると思うので難しいところだけど、展開さえあればチャンスはあると思うのでスタートをしっかりいくだけですね」。穴党ファンは緑色のカポックに注目したい。

関連タグ:

ピックアップ