【三国ボート・GⅠ北陸艇王決戦】毒島誠が早くも快速モード! 3連勝達成へ「足はいいです」

2021年11月04日 19時27分

毒島誠(東スポWeb)
毒島誠(東スポWeb)

 ボートレース三国のGⅠ「開設68周年記念 北陸艇王決戦」が4日、開幕した。

 初日12R「日本海ドリーム」は1号艇・今垣光太郎(52=福井)がインから逃げ切り勝ち。地元のエースとして面目を保った。

 機力に関しても「リング交換とペラ調整をして機率(38・2%)くらいになった」とホッとした表情を浮かべた。今大会は過去3Vと好相性だけにこの勢いでシリーズを優位に押し進めるつもりだ。

 予選組では毒島誠(37=群馬)、石野貴之(39=大阪)がともに連勝スタートを決めた。特に毒島のエンジンパワーが目立っている。

 前半4Rは4カドから強力な伸び足でまくり圧勝! 後半10Rも差してバックで艇を伸ばしていた。「足はいいですね。乗りづらいけど、足がいいので乗り心地を求めて(足は)もきそう。特徴としては行き足~伸び型ですね。乗りこなし切れていないのでゆっくり回っている。無理して握ってないから、飛ばないのでいいですね」とホクホク顔。

 2日目12R「東尋坊ドリーム」は1号艇でスタンバイ。しっかり逃げて3連勝といきたい。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ