【蒲郡ボート・GⅢオールレディース】高田ひかるが破格の展示タイム!「初日からいい感じ」

2021年10月30日 22時01分

高田ひかる(東スポWeb)
高田ひかる(東スポWeb)

 ボートレース蒲郡のGⅢ「オールレディース ガマの女王決定戦」が30日に開幕した。

 初日は細川裕子(39=愛知)と大滝明日香(42=愛知)の地元両者が連勝発進に成功。ドリーム戦をインから押し切って人気に応えた細川は好素性を誇る57号機の前評判通りそのままに、実戦でも“超”快速ぶりを発揮している。

 細川と並び伸びをトップ級に仕上げてきたのが高田ひかる(27=三重)だ。
 もともと伸び仕様には定評があり、展示タイムが飛び抜けているのはよく見る光景だが、初戦5Rで叩き出した数字は6秒49。他の5人が6秒62~71の間だったのを考えれば破格だ。今回も「整備をして初日からかなりいい感じになってますよ」と早くもOKサインを出している。

 5Rはスタートで4コースの佐々木裕美(42=山口)に先行されたが、スリット後に伸び返して2コースから強気にまくって快勝。「あれでもスタートでレバーを放ってるんですけどね」と語るほど強烈なパワーに誇らしげだった。

 後半12RのV候補が集ったドリーム戦は6コースから差して2Mで競り勝ち3着に浮上。「伸びだけでなく、しっかりグリップして、立ち上がりもスムーズだったし、全体的にいいと思う。今節はやれそうですね」と満面の笑みを浮かべていた。

 今年6月の当地前回戦ヴィーナスSでもきっちり優出(6着)しており、いつものように伸びを武器に得意水面で躍動している。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ